広島で英語を学ぶならJAOL、留学ならOPM
opmjapan.exblog.jp

広島で英語を学ぶならJAOL、留学ならOPM
海外留学・海外派遣のことなら








このブログはカテゴリー別に分かれています。
カテゴリーからお好みのものをお選び下さい
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
フォーサイス家タイムズ 【中学校 体育祭】
6月24日は、アリ兄ちゃん(有間)とトントン兄ちゃん(織人)の通う、中学校の体育祭でした。アリ兄ちゃんが応援団に入ったことを聞き、マミーは「応援団の応援をせんといけん!」と、6年生のウックン(右京)と3年生のエイ君(永之介)と1年生のビーバン(伊吹)を引き連れ、中学校に行きました。
d0030622_19385091.jpg

d0030622_19394576.jpg

          アリ兄ちゃん、トントン兄ちゃん がんばれえ

d0030622_19171920.jpg

        アリ兄ちゃんは赤組の副団長でした

あんまり、アリ兄ちゃんがカッコイイのでマミーはバチバチと写真を撮りまくり、アリ兄ちゃんは、「準備運動をしているところの写真をとる人はマミーだけだった。すごくめだっていた」と怒りました。
d0030622_19212255.jpg

           アリ兄ちゃんはリレーの赤組アンカーでした


d0030622_1923276.jpg

          トントン兄ちゃんはリレーの青組のアンカーでした

兄弟が違う色なのでマミーはどっちも応援しなければならず、困りました。しかし、大声をはりあげて、両方を応援しました!  よ!フォーサイスブラーザーズ がんばれえ。


結局赤組も青組も優勝しなかったけど、その夜は、みかんの缶詰(フォーサイス家はみかんが大好き)で慰労会をしました。
d0030622_1929172.jpg

[PR]
by opm-japan | 2006-06-24 19:12
「リンクプログラム最新ニュース」日本語教師アシスタント 事前研修及び説明会
リンクプログラム日本事務局では、2007年1月27日、28日の2日間を通して、2007年4月にオーストラリアへ出発する日本語教師アシスタントの事前研修及び説明会を自社オフィスにて開催いたします。研修は、1月27日の朝より、翌日の夕方までです。
「現地でのティーチングにすぐに役立つ内容の研修で大変、中身が濃かった。」 (前回参加者 談)



d0030622_1550320.jpg

「以前にオーストラリアの小・中・高校で1年間教えた講師が経験談を語り、アシスタント生活の素晴らしさをみなさんに伝えます。」



d0030622_15523465.jpg

「現在、大学や専門学校で日本語教授法の講義をするかたわら、大学や専門学校の留学生に日本語を教えているプロの日本語教師である講師が海外での教授法を伝授します。」




d0030622_15552093.jpg

「外国人講師が教室で生徒に対して使う英語を生徒へのほめ言葉を中心に教えます。」



d0030622_15564237.jpg
d0030622_1557578.jpg

「現地の小学校教師の講師が海外で使われている教材を紹介します。」



d0030622_15574910.jpg
d0030622_1558453.jpg
d0030622_15581571.jpg

「広島の平和公園でピースボランテイアから平和を伝える術を教えてもらいます。」



「模擬1年計画、模擬指導案などを講師の指導の下、作成しました。この研修によって、不安がかなり解消されました。」 (前回参加者 談)

素敵なイタリアンレストランでのディナー(コース)とランチ(コース)が最高だったという声も、、、、、、、。


この中身の濃い事前研修は、ディナーとランチを含め、3万円でどなたでも参加いただけます。尚、7月8日の説明会のみをご希望される方は無料です。また、説明会後に行われる事前研修も無料でご参加いただけます。(但し食事は含まれておりません。)興味のある方は、
link@opm-japan.com
にお問い合わせ下さい。
[PR]
by opm-japan | 2006-06-20 17:44
「OPM2006年春スクール体験留学記」春休みオーストラリア スクール体験プログラム終了!!
OPMが企画した春休みのプログラムは無事に終了いたしました。お陰さまでプログラムには 8名の方にご参加頂き、皆さん元気に帰国されました。その内の2名の方は東京、福岡とご遠方にも関わらず、年末に放送された大家族のTVを観てご応募してくださいました。
 ハイライトはこちら↓

d0030622_1552659.jpg いってきまーす。 
福岡空港にて

d0030622_15535317.jpgブリスベン到着!!


d0030622_15555164.jpgブリスベンをお散歩
サウスバンクにて


d0030622_1601151.jpg農場体験で動物とふれあい体験!!


d0030622_1663348.jpg現地の学校でみんなでじゃんけん大会!!


d0030622_168549.jpg現地の学校で修了証をもらいました。(^_^)v


d0030622_16102258.jpg動物園ににてオーストラリアの動物たちと楽しい時間。(^_^)/~









参加者の方からこんなうれしいコメントもいただきました。(^_^)

♪ このプログラムに参加したのはオーストラリアの人たちの言葉や文化を知りたかったから。ファームステイで見た星☆はとってもキレイだった~。単語もいっぱい覚えたし、聞き取りも少しできるようになりました。ホストファミリーとたくさん遊んだことや学校でのこと、思い出すと、あの時に戻りたい!!って思います。すごく楽しかったです。

♪ 外国や英語が好きで小さい頃からずっとホームステイをしてみたかったので参加しました。最初は他人の家に住むなんて大丈夫かな~って思っていましたが、ホストファミリーがすごく優しい人達だったので不安もすぐになくなりました。それにお家のベランダから見えたサンセットには大感激でした。今でもホストファミリーとはメールのやりとりを続けています。英語で自分の言いたいことを書くのは難しいけれど、その分新しい単語も覚えられて勉強になっています。またいつかこのホストファミリーに会いに行って、今度はたくさん話がしたいので、今は英語を頑張っています。ホストファミリーのおかげで、オーストラリアでの生活を楽しむことができ、良い思いでができました。

★ 写真から11日間とても楽しかった様子がよくわかります。一人で行くことで緊張したと思いますが、娘にとって貴重な経験をする事ができたと確信しています。TVを通してでしたが、OPMを知る事ができ良かったです。東京にもOPMの事務所があるといいなと思います。楽しい思い出をありがとうございました。

★ こんにちは。本人が写真を数枚しか撮ってこなかったので、とても喜んでおります。
ホームステイ先からも丁重なお手紙を頂きました事を心から感謝しております。
何から何まで本当に有難うございました。
ジムさんやスタッフの方にも宜しくお伝え下さい。 

★ 今朝、無事元気に息子が帰福しました。
空港では、皆さんの元気そうなお姿も拝見する事ができて良かったです。
今回の旅で、息子だけではなく親も大変勉強になりました。
ステイ先のご家族、そしてジムさんやスタッフの方、 皆さんに、とても親切にして頂いたと聞きました。心から感謝しております。
本当に有難うございました。

近日ハイライトをアップします\(^o^)/
小・中・高校生対象!2006年夏休みオーストラリア スクール体験プログラム無事終了!!ありがとうございました。

出発日:2006年7月22日
海外派遣OPMでは長期の休みに合わせて、小・中・高校生対象 海外スクール体験プログラムを企画しています。学生のみなさん、夏休みにオーストラリアの学校を体験してみませんか??
d0030622_1139892.jpg

d0030622_12203676.jpgd0030622_11461440.jpg










**************************************
期間:2006年7月22日~8月7日 17日間(シンガポール航空使用)
7月30日~8月19日の21日間のプランもご用意しております。
日程
7/22(土)
広島駅発、新幹線にて博多駅着 タクシーにて福岡空港へ
福岡空港発10:20、シンガポール空港着15:50、 シンガポール発21:15 乗り継ぎ

7/23(日)  
ブリスベン空港到着6:50 ブリスベン市内観光 ナンボーに出発・到着
ホストファミリーと面会 ホストファミリー宅へ

7/24(月)~8/4(金)
ホストシスター、ブラザーと共に登校
・学校では、毎日、各クラスの一員として過ごします。
・ホストファミリー宅では家族の一員として過ごします。
・土日はホストファミリーと共に過ごします。
・1日ファームステイ体験(乗馬・バーベキュー・オーストラリア式野外でのティータイムなどの体験)もします。

8/5(土)
ブリスベンへ出発 コアラパーク訪問
ブリスベン市内のホテルに宿泊

8/6(日)
午前中 ショッピング
ブリスベン空港チェックイン13:00 ブリスベン空港発15:00

8/7(月)
シンガポール空港着20:50 乗り継ぎ シンガポール空港発01:15
福岡空港着08:05 タクシーにて博多駅へ 新幹線にて広島駅へ 解散

プログラム参加費用 参加者 1名 340,000円
募集定員:8名(最少催行人員1名)
費用に含まれるもの:往復航空運賃・授業料・全宿泊費
費用に含まれないもの:オーストラリア査証取得費用・現地空港税・航空保険料・福岡空港使用税・広島-博多間の往復新幹線運・博多駅-福岡空港間の往復タクシー料金・任意の海外旅行傷害保険

※将来長期留学をお考えの方には最適の留学体験プログラムです!

◆ プログラム企画:海外派遣OPM(有)エドベンチャーエンタープライズ
〒730-0811広島市中区中島町2-22ミウラビル6F  担当:フォーサイス
◆ 引率及び現地ケアー:OPM代表;ジェームズ・スチュアート・フォーサイス
◆ 現地受け入れ先:ナンボークリスチャンカレッジ

お問い合わせは、海外派遣OPMオーピーエムまで
TEL:082-545-5541  FAX:082-545-5542
Eメール: info@opm-japan.com  ホームページ: www.opm-japan.com
*******************************
[PR]
by opm-japan | 2006-06-20 16:20
マミーの日本語教師こぼれ話 【初めてのTAFEのレッスン】
TAFEのマネージャーのバリーさんから、「日本語クラスの人気はすごく高くて、すぐに、30名の申込みがあり、締め切った。どうか、30名を教えて欲しい。」と連絡がありました。

私は、TAFEの講師となり、30名の生徒に日本語を教えることになりました。
TAFEでの1番最初のレッスンを今でも私は忘れることはできません。
私は、日本では、小学校と中学校でしか教えたことはなく、30名もの大人を目の前にしたときは、本当に緊張しました。当時の私と同じくらいの年齢、20代から70代までの男性、女性が机について、じっと私を見つめていました。まあ、初対面というものは「この人、どんな人間なのかしらん。」とお互い興味深々で見つめ合うものです。まして、人種も違い、今まで住んでいた国も違い、言葉も違うのですからね。私は、緊張していましたけど、生徒さん達は、物珍しそうに私を見ていました。

生徒の名簿をもらってはいたのですが、聞いたことのない名前は、なかなか読むことができません。ファーストネームはともかく、名字は本人に聞いても発音できなかったりして、いつも授業の最初は日本式に出席を取ったのですが何度もおかしな読み方をして、生徒に笑われました。実は、このときの生徒の1人だった、夫のジムの名字のFORSYTHを結婚するまでフォーシスと読んでいました。結婚前にジムが、「サチコのファミリーネームはフォーサイスになるよ、フォーシスじゃあないよ。」と言ってもらって、真っ赤になりました。

                   その頃の私

d0030622_17554639.jpg

[PR]
by opm-japan | 2006-06-19 14:53
フォーサイス家タイムズ【アリ兄ちゃんの誕生日】
今日は、アリ兄ちゃんの誕生日でした。プレゼントは、ダディに、たかーい、サッカースパイクを買ってもらいました。
d0030622_16555872.jpg

マミーが「何が食べたい?どんなケーキがほしい?」と聞くと、「ニキビが出るから、ケーキはいらない。」お相伴に預かろうとしていたチビちゃん達はがっかり。「晩御飯は、ばかデカ ハンバーグが食べたい。僕のだけ、ものすっごく大きくしてね。」ということで、晩御飯はハンバーグとなりました。
d0030622_16564338.jpg

オーストラリアのイオリ姉ちゃんから「有間、誕生日おめでとう」と電話がありました。
d0030622_16572195.jpg



アリくんは、今日、15歳になりました。15年前、オーストラリアのトウンバの総合病院でアリくんは生まれました。3キロで生まれたイオリに比べ、アリくんは、4キロ近くあったので、二人目とはいえ、難産でした。その上、女の子が生まれると信じていた、マミーとダディーは、男の子が出てきてびっくり!そして、お目目がダディーとそっくりな、空色だったので、2度びっくり!でした。
d0030622_17515595.jpg

アリくんの目の色は、生後6ヶ月で今のような黄緑色になりました。
d0030622_1658393.jpg

         アリくん 生後5ヶ月の頃

[PR]
by opm-japan | 2006-06-18 14:47
フォーサイス家タイムズ【ばあちゃんの「安の花田植え」】
土曜日の夜、ばあちゃんが電話をして来ました。「明日ね、花田植えを野外の舞台で踊るんよ。3年も練習したんよ。見に来て。牛も来るよ。」ということでした。

翌日、「安の花田植え」のために特別に設置された、舞台までマミーは、ウックン、エイくん、ビーバン、アオちゃん、ウリュちゃんを連れて行きました。
d0030622_16355485.jpg

マミーの実家、安佐南区の上安の地区では昔は農業が盛んで、マミーの実家も昔は、農業を営んでいました。マミーも子供の頃は、田植えや稲刈りの手伝いをしたものです。さて、「安の花田植え」は、安と呼ばれていた地域に残る伝統芸能でしたが、マミーの生まれる1年前を最後に廃れてしまっていました。しかし、「安の花田植え」保存会の方々の努力の結果、47年ぶりに蘇ったのだそうです。マミーの母親(ばあちゃん)は、その昔、早乙女として踊り、ばあちゃんの父親(マミーのじいちゃん)は、安地区で一番、歌が上手でいつも音頭を取っていたとか。
d0030622_16371226.jpg

             ばあちゃん、上手だったよ 

d0030622_16384613.jpg

             飾りをつけた牛がいたよ

[PR]
by opm-japan | 2006-06-18 14:45
フォーサイス家TV出演 【サッカーの応援】
スペースワールドの帰り道、マミーの携帯が鳴りました。「TSSテレビ局の者ですが、明日のワールドカップでは、日本とオーストラリアのどちらを応援しますか?」と質問されました。「息子達も夫もオーストラリアを応援します。」と答えたところ、「広島で、オーストラリアを応援する家は、滅多にないので、是非、取材をさせて下さい。」と懇願され、ダディに聞いたら「僕の誕生日だから、特別に許す。」という返事だったので、テレビ局に、OKです、と伝えました。
さて、6月12日は、ダディの誕生日だったにも関わらず、カメラマンさん達が来られるので簡単にそうめんで夕食を済ませ、居間を掃除し、取材と応援に備えました。
d0030622_168334.jpg


アリ兄ちゃんとトントン兄ちゃんは、サッカーが大好きです。日本では、もちろん、中学校のサッカークラブに所属していますが、オーストラリアに帰ったときは、地元のクラブに所属しています。
d0030622_167314.jpg

いつかは、オーストラリアのサッカーの選手になるというのが2人の夢です。だから、ワールドカップもオーストラリアを応援しているのです。
d0030622_1684199.jpg

d0030622_169956.jpg

今日はダディの誕生日。
d0030622_16143395.jpg

オーストラリアが勝ったことも、とってもうれしくって、TSSテレビ局がプレゼントしてくれた、サッカーケーキにむしゃぶりつく、ダディでした。
d0030622_1615962.jpg

[PR]
by opm-japan | 2006-06-12 14:44
フォーサイス家タイムズ【スペースワールドの巻き】
 マミーは、ウックンだけを、スペースワールドに連れて行こうとしたのですが、、、、、、、置いて行かれたと、泣き出す子供達の顔を想像してしまい、かわいそうになって結局、アオちゃん(4歳)、ビーバン(6歳)、エイくん(8歳)も連れて行きました。「スペースワールドに行くよ!」と子供達に告げたとき、子供達の顔が何とうれしそうだったことか。

6月11日の朝6時に家を出ました。
d0030622_1546312.jpg

バスに乗って、モノレールに乗って、JRのローカル線に乗って、新幹線に乗って、快速に乗って、スペースワールド駅に到着したときは、10時近くになっていました。道中、子供達は、はしゃぎっぱなし。
d0030622_1552438.jpg

子供達の興奮を静めることはマミーには不可能でした。
スペースワールドの中では、ウックンが完璧に私達を案内してくれました。
d0030622_155356100.jpg

どの乗り物がどこにあって、身長が110センチメートルに足らないアオちゃんの乗れるもの、130センチメートルに足らないビーバンの乗れないもの、全てを知り尽くしていました。カッパを着たにもかかわらず、アドベンチャークルーズではずぶぬれになり、エイリアンパニックエボリュエーションでは、アオちゃん、ビーバンは大泣き、パーティカップでは、ぐるぐるぐる、アオちゃんが回すので、酔ってしまうなど、マミーにとっては、散々でしたが、子供達は大喜び!!!!!!! マミーがアオちゃん、ビーバンと乗り物に乗っている間、ウックンはエイくんを連れて、前回の悔しさを晴らすため、全ての乗り物を堪能しました。

d0030622_15543873.jpg

そして、5時になり、閉館。楽しかったけど、疲れたねー。

d0030622_15551251.jpg

[PR]
by opm-japan | 2006-06-11 14:42
マミーの日本語教師こぼれ話 【TAFEの講師】
夢のような、アデレイドでのホリデイは終わり、3学期が始まりました。私の滞在するバーリンガー養護学校に私を訪ねて来た人がいました。その人は、TAFE(オーストラリアの全土にある、国立専門学校)のマネージャーで、「日本語を習いたいという人が地域に急増していて、日本語クラスを開講することになったので日本人の講師を探している。この学校に日本人の先生がいるという噂を聞いて来た。」と言われました。
開講しようとしている日本語クラスとは、毎週1回、夜の7時から9時までの2時間、定員15名で、ローカル新聞に告知して生徒を募集するということでした。そして、観光ビザの私には給料が払えないが、お礼という形でTAFEの講師の給料と同じ金額を私の口座に振り込んでもらえるということで、私は、「はい。TAFEの講師をやらせていただきます。」と返事をしました。
このころ、私は、27回目の誕生日を迎えました。
         誕生日パーティを開いてもらいました

d0030622_1753223.jpg

         誕生日に農場に連れて行ってもらいました

d0030622_17541012.jpg

[PR]
by opm-japan | 2006-06-10 14:50