広島で英語を学ぶならJAOL、留学ならOPM
opmjapan.exblog.jp

広島で英語を学ぶならJAOL、留学ならOPM
海外留学・海外派遣のことなら








このブログはカテゴリー別に分かれています。
カテゴリーからお好みのものをお選び下さい
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
「フォーサイス家タイムズ」ウリュちゃん2歳の誕生日
今日はウリュちゃんの2歳の誕生日。ウリュちゃんの好きな食べ物は何だろう?どんなことをしたら宇龍ちゃんが喜ぶかしら?兄弟みんなで考えました。
マミーは、「どうせ、わからんのんじゃけえ、適当な料理でごまかそ。」・・・・
とうとうダディが、「バイキングスタイルのファミリーレストランに行こう!!」と大決心。
家族みんなでレストランに行きました。みんな好きなものを好きなだけ食べてお腹いっぱい。主役のウリュちゃんはというと?何と大好物のプリンを4つも食べました。マミーもダディもウっくん、もちろんアリくん、トントンは焼肉を山ほど食べ、アオちゃんとビーバンは何度もうれしそうに綿菓子を自分で作って食べていました。エイくんは、お寿司が大好きで、20貫ぐらいは食べてましたね。あーおいしかったなー。しめて10,000円 也でした。
d0030622_16162967.jpg

            ウリュちゃん、おめでとう(オウチにて)

[PR]
by opm-japan | 2006-02-27 16:08
「フォーサイス家タイムズ」 2年1組 とくべつ授業
d0030622_0515891.jpg
ウチの子供達みんながお世話になっている上安小学校から、「2年1組で、オーストラリアのお話をして下さい。」と依頼されました。2年1組はエイくんのクラスです。
 ということで、“2年1組とくべつ授業”を行いました。オーストラリアの動物の写真を見せたり、オーストラリアのゲームをしたり。2年1組の子供達は元気いっぱいでした。
 授業の最後にダディが、「クックックッ~、カッカッカッ~。」と笑いカワセミの鳴き声をしてみせたら、何と子供達に大ウケ!!あれ??息子のエイくんは・・・ずっとはずかしそうにしていました。
[PR]
by opm-japan | 2006-02-25 20:52
「フォーサイス家タイムズ」 ビーバン(伊吹)のあったかマフラー
先日保育園にお迎えに行ったら、「今ね、マミーのマフラー作りよるんよ。」と伊吹が、牛乳パックを改造して作った、巨大“リリアン”(リリアンってご存知ですか?女性の方なら一度はやったことあるかも。カラーのひもを順番に編んでいくおもちゃみたいなものです。)を見せてくれました。保育園では最近、こんなもの使っているんですねー。感心しました。
d0030622_0445980.jpg



「マミーをあったかくするために長~いの作ったよ。」と伊吹がマフラーをプレゼントしてくれました。これ、本当にあったかいんです。
d0030622_0461288.jpg

[PR]
by opm-japan | 2006-02-15 20:37
「フォーサイス家タイムズ」トントン兄ちゃんの読み聞かせ
フォーサイス家では寝る前にマミーが絵本を読む習慣があります。寝る時間になると、ビーバンとアオちゃん、そしてウリュちゃんが絵本を何冊も選んで、マミーのところに持ってきます。ところが最近、マミーが忙しい日が多く、先週などは、日本語教師アシスタント事前研修があったものだから、講師のマミーは家に帰ることもできませんでした。そのとき、名乗りを上げたのが、トントン兄ちゃんです。声変わり直前のハスキーなステキな声で3人の小さい弟達に絵本を読んでやるようになりました。

                 トントン兄ちゃんありがとう

d0030622_1754636.jpg

[PR]
by opm-japan | 2006-02-02 17:12
「日本語教師こぼれ話」生徒達と乗馬体験
バーリンガー養護学校では、毎週、カヌーと乗馬のレッスンがありました。毎回、私もレッスンを受け
d0030622_16524582.jpg
お陰でカヌーと乗馬の腕が上がりました。ただ、英語の聞き取りが下手でしたので乗馬の先生の指示がなかなか伝わらず馬の腹を蹴るべきなのか手綱を引くべきか緩めるべきかがさっぱりわからず、毎回、恐怖でした。命がかかっているものですから、必死で、先生が言っていることを理解しようとしました。 

カヌーのレッスンも同じことでした。こちらは実は2回ほど生徒といっしょに川に転落しましたが。2回目の転落のとき、目の前に大きなペリカンの死骸が漂っていて、「げろげろげろー」と声をあげてしまいました。
カヌーのレッスンを受けた場所は、ヌルカン湖でした。そのころから、「Schikoに英語を教えてあげよう」ムードが養護学校の生徒の中で広がっていましたので、1人の生徒が「I saw a dead pelican in the Nulukan.」という文章を作って教えてくれました。ペリカンとヌルカンのごろがおかしくて生徒といっしょに笑いました。

まったく、どっちが先生だか。。。。。。。。
[PR]
by opm-japan | 2006-02-02 16:27